塩水橋から丹沢山(2006.06.03)

本当に久しぶりにハイキングのお誘いを頂きました。 昨年、晩秋の奥多摩へ行って以来です。
2月に骨折してしまったので体力物の遊びが出来ませんでした。
今回はその回復具合を試す意味でも興味のある山登りになります。
コースは塩水橋から堂平を経て丹沢山までの往復という比較的楽なプランです。






車を塩水橋のゲート付近にデポし、ここから歩き始めます。
一週間前の週間予報では「曇り時々晴れ」だったのが日にちが経つごとに「曇り」になり、とうとう「曇り時々雨」になってしましました。
霧雨ですがけっこう濡れそうなので雨具を着ました。







ゲートをくぐると舗装の林道を登ります。







霧も濃くなり、今日は頂上からの展望も無いものと覚悟しました。







途中林道をバイパスするような形で造られた登山道に分岐します。







小さな木の橋を渡り、







舗装路を少し歩くと、







「登リ口」と書かれた小さな木の道標があります。







草が繁って細くなった登山道を進みます。







比較的傾斜も緩く、良く整備された歩き易い道です。