十文字峠〜栃本 ツーリング(2005.09.18)

先月下見を兼ねてK宮さんと十文字峠越えをしましたが、峠周辺は乗車率が低い(というかほとんど乗れない)ため、あまり良い印象の無いコースでした。
しかし、「咽もと過ぎれば・・・」で、結局再び行くことになりました。
前回は奥秩父林道へ下るコースでしたが、今度は尾根を栃本まで行く山道の長いコースです。
今回は更に乗車率は低そうで、それなりの覚悟で出かけました。






午前10時、待ち合わせ場所のJR小海線信濃川上駅に到着。
逆方向の佐久平方面からほぼ同時刻着の列車で着いたY田さんがカメラを構えていました。



K宮さんは都合により遅れて来る旨メールが入っていました。







駅の待合室で自転車を組み立て、出発準備。







出発前に駅前で記念撮影。







駅前の真っ直ぐな道を100mほど下り、この先のT字路を右折し秋山方面へ向います。







素晴らしい秋晴れで遠くの山々がはっきり見渡せます。







途中のスーパーマーケットで買出し。
レジのおねえさんも都会に比べると作業がゆっくりなようでした。







梓山の三国峠方面への分岐を過ぎ急坂を登りきると一面に高原野菜畑が広がっています。
遠くの山並み、青い空、白い雲、実に気持ちの良い風景です。







未舗装の狭い道に変わり林の中に入ると毛木平の駐車場はすぐそこです。


涼しい木陰の中をもっと走っていたいのですが・・・。







駐車場を突っ切って、車止めのゲートを越えてしばらく緩斜面を走り甲武信ヶ岳への道を分け少し行くと小さな橋を渡ります。木製の割と新しい橋で、
「千曲源流狭霧橋」と表示があります。







河原を見下ろすといかにも座り易そうな大きな石があるので、その上に座って清流の音を聞きながら昼食という事にしました。