冬枯れの権現山西尾根(2007.01.20)
残雪あり落ち葉のダウンヒルあり、季節限定の極楽ツーリング。(ただし地獄の押し担ぎもあるよ)

年が明けてからクラブのツーリングの1回だけで今月は予定が全く無くどうしようかなと思っていたところ、K宮さんよりお誘いのメールを頂きました。
コース案その1として落ち葉がふかふかの権現山西尾根(山梨県)、その2は日光・那須の眺望がなかなかの鶏足山から奈良駄峠(茨城県)、どちらも行った事が無いので両方行きたいくらいです。

皆さん仕事が忙しかったり体調不十分だったりで結局2人だけのツーリングとなりました。行き先は「落ち葉がふかふか」の方に決定。






猿橋駅集合としましたが、八王子駅で甲府行電車に乗り換えると偶然K宮さんも同じ車両に・・・。

猿橋駅の改札を出て階段を下りたところで自転車を組み立てる事にします。







駅を出てすぐの所にある公民館のような建物の水道で飲料水を補給するK宮さん。
「老人憩いの家」という看板があります。







桂川を渡る橋を通過。
目の前に中央高速道路の高架が見えます。







葛野川沿いにオンロードの登り







緩やかな登りですが、少し走っただけで暑くなってきました。







浅川入口の分岐に到着。
今日はかなり気温が低いはずなのにK宮さんはすでに汗だく。







浅川峠は右へ分岐。







ここでオンロードは終わり未舗装の林道になります。







少し進むと道路一面真っ白な雪。しかもツルツルに凍っています。

「一年前の悪夢が蘇る〜!」
ビビッて押して歩くことにしました。







しかし雪が残っているのは短い区間だけで、登山道に入ると良い感じの落ち葉の道になります。