サオラ峠から天平尾根(2007.04.29)
広大な天上の庭園をゆったり楽しむ(でもアプローチは長いゾ!)

東京近郊の山サイコースとして有名な天平(でんでいろ)尾根。色々なサイトのレポートを見ると素晴らしい所のようです。さっそくいつものメンバーを誘ってゴールデンウイークの初日4月28日に4名で出かける事にしました。
ところが、当日の朝、天気予報を確認すると週間予報では晴れだったはずが午後から雨しかも雷注意報が出ています。奥多摩でカミナリといえば昨年の知人の落雷死亡事故が脳裏をかすめ直ちに中止のメールを回しました。
翌日は快晴でしたが皆さんの都合がつかず。でもせっかくの晴天が勿体無いので私1人で行くことにしました。






さすがにゴールデンウイーク中ということで電車は満員。
奥多摩駅の改札口は切符の精算だのSuicaのチャージだので大混乱。なかなか出ることが出来ません。







オンロードを登って奥多摩湖の周回道路に出ます。
電車の混雑が嘘のように道路は空いていて清々しい風をうけながら快調に走ります。







奥多摩駅から1時間弱で林道後山(うしろやま)線の入口に到着。







この林道は自動車の乗り入れが自由に出来ますが、幸い未舗装で凸凹なので車はユックリ走らざるを得ないため逆に安全かも知れません。







ヤマブキの花の鮮やかな黄色が青空に映えます。







林道は緩い勾配でゆったりと徐々に標高を上げて行きます。







林道から崖下を見下ろすと釣り人の姿がありました。







この空の色。







林道入口からほぼ1時間で林道終点に着きました。
ザックをおろして休憩中のハイカーに会釈をし、休まずに登山道に入ります。







鮮やかな濃いピンク色の花が咲いています。
これサクラなんでしょうか。情けないことに花の名前がわかりません。