二宮金次郎芝刈り路(2008.09.27)

今週末も天気が良さそうなのでどこか近場へ出かけようと箱根周辺の地形図を眺めていると、
明神ヶ岳の手前を東側に分岐する良い感じの尾根があるじゃないですか。
強羅まで登山電車で行けば登りも短そうなので行って見ることにしました。


8:06



箱根湯本駅から箱根登山電車で強羅まで登ります。
箱根には数え切れないくらい行きましたが、何故かこの登山電車に乗るのは今回が初めてです。
乗る予定の電車は入線しておらず、反対側に旧車両が止まっていたので撮影しておきました。



9:16



登山電車は長閑にゴトゴトと走り、箱根湯本から40分ほどで終点の強羅に着きます。



9:32



登山道の入口、両方とも「明神ヶ岳90分」とあります。
当初の予定ではここから登山道を登るつもりでしたが、この傾斜に恐れをなし、このまま別荘地のオンロードを登り登山道の途中に合流するルートに変更しました。



9:53



地形図に点線で示されている登山道への合流地点がなかなか発見できません。
それらしい狭い階段(写真の左側の狭い方)を登って行くと、そこは行き止まりでした。



10:14



ここかな?
と入ってみると



10:15



めちゃくちゃ藪になってしまいました。



10:19



オンロードに戻り地形図を確認。登山道のもう少し先に合流するオンロードへ迂回しました。

すると・・・、ありました。今度は間違いなく登山道です。「明神ヶ岳70分」という道標もあります。
まさかこんな所で迷うとは思いませんでした。(GPSもあるのに)先が思いやられます。



10:23



最初のうちはそれほど急でない階段の道です。



10:31



だんだんと荒れた道になって傾斜も増してきました。



10:34



岩だらけの急傾斜になると、もう担ぎっぱなし。
段差の大きい所では自転車を上の段に乗せてから這い上がるような所もあります。

赤土のV字状の急登もあり自転車を担いでの登りはもう大変。