袖平山 黍殻山 焼山 (2009.12.19)
好天に恵まれ、あれもこれも良かった今回のツーリング

 1年ほど前に見つけたこのコースですが、昨年は3回行きました。今年も今回で3回目の黍殻山になります。しかも12月に入ってから3回です。
それくらいお気に入りのコースなんですが、長い担ぎがクローズアップされ過ぎて悪いウワサが立っているらしい?
 それじゃあその長い担ぎに見合った長い楽しい下りにしようと思い、袖平山までの往復をプラスしてみました。事前に調査に行ってなかなか良いコースであることを確認して来ました。ついでに乗り難かった焼山から下の石ころだらけの部分の大きめの浮石を片付けて来たのでかなり乗車率が上がるはずです。  


7:53

 「ふれあいの館(いえ)」駐車場に集合。

 車から出るとめちゃくちゃ寒いです。そういえばさっき通って来た湖畔の道路に出ていた現在の気温「−2℃」。
ここから1000mも登るんだから山頂はどれだけ寒いことか。風が吹かない事を祈るばかりです。(天気はもう最高に良いんですけどね)

 でも陽が当たってきたら随分暖かくなりました。



8:30



 今回はアプローチを変えて湖畔の道を行きます。

 こっちのほうが陽当たりも良いし景色も良いし気持ち良いです。



8:30



 最初に現れる分岐を右へ。



8:33



 登り坂になりますが会話が出来るくらいの斜度です。



8:39



 10分もかからずにトンネルの手前の分岐に着きます。

 昨年はトンネルくぐる側から登って来ました。



8:45



 いったん下ってゲートを過ぎると、急な登りが始まります。







 南側の展望が開けるところまで頑張ると傾斜は緩くなり、左に蛭ヶ岳方面の稜線を望みながら気持ち良く走れます。

 途中からダートになります。

 このあたり11月下旬ころは紅葉が美しいところです。



9:26



 分岐を右側へ舗装の急坂を登った先が登山道入り口です。







 ここが登山口。

 長い担ぎに備えて小休止。



9:41



 いよいよお待ちかね(?)の担ぎの始まりです。