寺下峠 大地峠 (2014/04/05)
久しぶりの山サイなんで、駅から近いお手軽な低山で・・・と思ったんですが

 昨年年末の「年越し蕎麦ツーリング」以来3ヶ月、全く山を走っていませんでした。まあ近年どうもサボりがちで、山サイの頻度は下がっていたんですが、今年は「膝痛」が長引いて、月一度のMTBクラブのツーリングも欠席率100%です。
 ここにきて、なんとか痛みも軽減し、オンロードなら問題なく走れるようになったので、小宮さんのお誘いにのってみることにしました。メールでもらった地図をみるかぎり距離的にも15km程度だし最大標高も700mと、まあリハビリにはちょうど良いコースに見えました。ところが・・・


7:40

 梁川駅のホームに降りると、線路ぎわの桜が満開でした。
 この時期、どこへ行っても「桜」「桜」「桜」なんですが、やっぱり嬉しいもんですね。





 改札を出ると・・・(改札といっても無人駅でSuicaの簡易改札機があるだけですが)
 すでに小宮さんは到着していました。

 小宮さんにお会いするのも昨年10月の「東吾妻むかし道MTBライド2013」以来で約半年ぶりです。でも久しぶりな感じがしないのはブログのおかげでしょうかね。



8:10

 メンバーは2名なんで、行動は早いです。いきなりのオンロード急坂に息を切らしながらも10分もかからずに登山口に到着です。



8:12

 暑がりの小宮さん、さっそく上着を脱いでます。
 でもさすがに、まだ半袖にはなりません。(笑)



8:12

 一応、GPSにルートを入れてきました。
 安いやつなんで地図は出ませんが、これでけっこうナビとして使えるんですよ。

 こんなのに頼っているから地図読みが上達しないわけですが・・・。



8:12

 さて、久しぶりの山サイ開始です。
 まずは押し上げから・・・。

 小宮さんは最近、引っ越しをしたとのことで、新居に入り浸っていて、ご本人いわく「マイホーム人間(そんなのありましたっけ?)」になってしまったらしい。そんなわけで、こちらも山サイは久しぶりだそうです。
 どうりで、おなかまわりが・・・。(笑)





 私は乗車で登り始めたんですが・・・、
 マイホーム人間じゃないのにトレーニング不足でして、すぐに息が上がって20mほどで終了。すなおに押して登ることになりました。



8:15

 最初は沢に沿って等高線なりに道がついているので、ゆるい登りが続きます。

 健脚者なら乗車で登れます。リハビリ組はもちろん押し。(笑)

 2月の雪のせいか倒木が多いです。



8:17
 ちょっと下りぎみで乗車可能な部分もときどきあります。

 黒いホースは「MTBツーリングブック」によると「簡易水道施設」への導水管とありますが、今でも使われているものかは不明です。
 小宮さんが沢の水を補給したので
「この水飲めるの?」
「大丈夫でしょう」
「大丈夫ならわざわざ上流からホースで引いてこないでしょ?」
というような会話をしました。(笑)



8:19

 だいぶ標高を稼いだような気がしますが、実はまだ100mも上がっていません。