茨城年越し蕎麦ツーリング 新コース (2016/12/25)
いつもの蕎麦屋さんは絶対条件。そのなかで新しいコース、しかも「楽しい下りを含む」という困難な課題を小宮さんが見事にやってのけました。

 2004年から小宮さん主催で始まった『茨城年越し蕎麦ツーリング』。JR常磐線岩間駅スタートで〜愛宕神社〜難台山〜柿岡の「かまたや」で蕎麦、恋瀬川サイクリングロードで高浜駅というコースを6年間(2007年は雨でコース短縮)。2010年から「かまたや」から先を農道を通って岩間駅へ戻るコースに変更。しかし主催者の小宮さんの止むを得ない事情(もう飽きたとか・・・笑)で2011年2012年は中止。そんななか熱心な蕎麦ツーリングファンの要望により私の主催で2013年に復活させました。そして今年、満を持していた小宮さんが新コースで復活しました。 
 今回の参加者は、小宮、佐久間、竹内の3名。(最近の蕎麦ツーはいつも3名ですな)


8:35

 集合場所の某フラワーパーク第二駐車場に到着すると約束の時間に30分ほど早かったにもかかわらずほぼ同時に小宮さん到着。

 まだ時間が早いせいか我々以外は一台も停まっていません。



8:46

 予定より15分ほど早くスタートできました。

 前方の山麓に薄っすらとひとすじの雲のように見えるのはおそらく畑で藁でも焼いている煙です。この時期この地方では大気の温度差によって煙が上空に昇らず横にたなびく現象がよく見られます。



8:59

 長〜くて急な登りの始まりです。



8:59

 苦しくなったので、見晴らしの良い場所で写真を撮るという理由で休みます。(笑)

 煙が地表に這うように溜まっている様子が良くわかります。



9:12

 さらに傾斜がきつくなって息が切れだしたところで、お誂え向きに何かの看板がありました。
 何かキッカケがあると休みやすい。(笑)

 『←赤滝』とあります。今回はパス。



9:24

 この先はいちだんと急になってきました。フロントシングルギアの私は、もうこれ以上軽いギアがありません。でも一旦足を着いたら気持ちが切れてしまうので我慢。



9:29

 なんとか頑張って峠に到着しました。(風返峠)

 この先に筑波山ロープウェイの駅があるらしい。



9:29

 「あれが筑波山ですか?」
 「いや、あれです。」



9:40

 下り基調のオンロードを1キロ半ほどで左へ分岐、林道に入ります。



9:41

 路面は落ち着いていて走りやすい。