高指山、不老山 (2017/01/31)
地形図を眺めていたら、ちょっと気になった山があったので・・・。

 大月市と上野原市の境にある権現山や扇山は時々走るんですが、その近くのある高指山(911m)、不老山(839m)に行ったことがありません。たまたま地形図を見ていて行ってみたくなりました。ともに1000mに届かない低山ですが、低山ゆえにこの時期に積雪が無く乾いた路面で安心安全な山サイが楽しめるかもしれない・・・。


9:06

 麓に車をデポして舗装の林道を登ります。

 もう少しで峠というところに雪が残っていました。いつもは開いているゲートが閉められていました。  この先は日陰のコーナーごとに雪が残っていますが轍の部分はアスファルトが出ているので大丈夫。



9:11

 無事に和見峠到着。
 登山道を示す道標があります。道の反対側に雨降山、権現山方面の登山道入り口、今までははそっちばかり登っていました。



9:14

 登山道入り口の道標から、いきなりの担ぎですが、担ぎはここだけ、ほんの20m程度です。

 ほら、もう尾根に出ました。



9:15

 右側に浅川峠から権現山へつづく尾根が見えます。



9:23

 ゆるく登るとゴウド山(887m)見逃してしまいそうな小さなピークです。実は私も見逃しました。(笑)

 下りにかかるとすぐに高指山、不老山への分岐があります。道標が無ければまっすぐに行ってしまいそうです。





 すこしだけ直進の道を行ってみると・・・。
 こんな良い感じの道が続いています。
 しかし、だんだんと落枝が多く荒れた感じになってきたので引き返しました。
 棚頭へ下る道ですが、あまり歩く人もいないようです。



9:27

 高指山へは分岐を左へ下る道になります。



9:31

 松林の中の登り。



9:31

 だんだん急坂になると敷きつめられた松葉で滑ります。