更新:2017/11/30
更新:2013/06/27
更新:2015/05/05
 
過去の雑文INDEXへ

2017/12/09
半日ツーリング


 吉田さん、寒竹さんとは、たぶん今年最後の山サイ。わりと気楽に走れる矢の音コースへ行きました。

 前日雨が降ったので路面凍結を心配しましたが、思ったより早めに乾いてきたようで滑って危ないというような場面はありませんでした。

 陽があたり始めた落ち葉の林道。「冬の陽射し」って気持ちが良いです。




 舗装の林道を登りきったら「押し担ぎ」なしで、いきなり下れるのが嬉しい。

 急すぎて押して下っても足元が危ないところもありますが、概ね楽しい道が続きます。


 この季節、どこの山へ行っても落ち葉の絨毯が敷きつめられて気持ちよく走れますが、急斜面では落ち葉って滑るんですよねえ・・・。

 そうでなくても我々は「ゆっくり」なんですが、「いつもより余分にユックリ・・・」


 いつ来ても、この開けた場所で停まって景色を眺めます。
 中央自動車道の高架の向こうに石老山(せきろうざん720m)あたりが見渡せます。

 帰路、藤野駅近くのトンネル入り口付近で前を登っている吉田さんがやたらホイルスピンするので「ずいぶんパワーがあるなあ」と思っていたら・・・いきなり横向きに・・・。あわてて停まって足を着いたら路面が凍っていてツルツル滑ります。幸い誰も転ばなかったので良かった。最後まで気が抜けません。

 なんとか無事にもどって、いつもの蕎麦屋で「年越しそば」ということにしました。



↓前   過去の雑文INDEXへ