更新:2017/07/02
更新:2013/06/27
更新:2015/05/05
 
過去の雑文INDEXへ

2017/10/15
東吾妻むかし道MTBライド2017

 「東吾妻むかし道MTBライド2017」に参加しました。
 今年もスタッフじゃなくて一般参加です。

 週末はあいにくの雨予報です。前日はスタッフとしてコースの状況確認。幸いスタート前に降っていた雨もあがりました。コース状態は一部ぬかるみがありましたが前日までの雨の割には良好。地元スタッフの手により本当に素晴らしく手入れされていて、今日は危なそうな木の根や落枝を処理するくらいでほとんど作業はありませんでした。

 当日、予報よりは好転したものの雨は降るらしい・・・。
 ま、走り出してしまえば多少の雨は気になりませんからね。
 本日の目標「ミスコースしないこと」(笑)昨年はミスコースで体力と時間を無駄にしましたからねえ。
 きょうは、前半抑えて最後まで脚を残す作戦です。どんどん抜かれても我慢。というか抑えているにもかかわらず結構キツイ・・・。いやこんなはずじゃ・・・。(笑)
 全行程の半分を過ぎたあたりで「脚攣り発生」前半抑えていたのにねえ。でも、最近開発した対策(我慢して走る)を使って止まらずに頑張っていると、ホラもう回復。(笑)・・・でも、少し行ったらまた・・・。そんなことを繰り返しながらも周りのライダーとほぼ同じペースを保っていました。運よく下りの楽しい所では全く攣らなかったのは嬉しい。
 昼前ころ、とうとう雨が降り始めました。ちょうど林の中だったので雨宿りがてらオニギリ2個を補給。
 その程度のロスタイムだったはずなのに約5時間もかかってゴール。追加コースへ進むためのリミット午後1時に30分ほど間に合わず。でも、どうせ間に合ったとしてももう体力が残っていなかったしね。(と負け惜しみ)
 とりあえず標準コース40km完走ですが、前日に34kmも走っちゃたので疲れが・・・。年寄りは疲労回復が遅いですからねえ。



2017/10/02
高指山(たかさすやま)〜瀬淵山(せぶちやま)偵察

 先週、「高指山〜不老山」という山サイを行いましたが、高指山から東へ下る分岐があるので、偵察して来ました。

 実は、あまり期待していなかったのですが・・・。行って見たら、塹壕状のS字が多くて不老山の下りよりずっと楽しいじゃないですか・・・。
 但し、あまり踏まれていないようで落枝が多くて片付けながらになりましたが・・・。

 下るにしたがって浮石も多くなり乗りにくくなりましたが、これらを片付ければ楽しい下りになりそうです。


 一旦林道に合流して、そのまま林道の壁のような激坂を登って瀬淵山山頂まで行けるようですが、鞍部にシングルトラックの分岐があったのでそっちへ行って見ました。押しっぱなしで山頂。どうせ押すなら林道の激坂のほうが・・・。

 山頂に『靖國ノ宮』という社があります。その向こうが広くなっていてパラグライダーのフライトベースになっているようです。
 道標はありませんが山頂から東へ下る踏み跡を辿ってみました。
 ジグザグに下る踏み跡がありますが急すぎて全く乗れず・・・。ようやく傾斜が穏やかになると尾根の終点で右へ急旋回(道標が無いので真っ直ぐ行く恐れあり)して九十九折を下ります。倒木多し。すぐに渕瀬の集落に出て終了です。

 地形的には楽しいコースになりそうですが、現状では落枝や葉、落石などが溜まっていて、そう簡単には下れませんでした。



↓前   過去の雑文INDEXへ