↑次   過去の雑文INDEXへ


2003/5/30
「そんな暇は無い」時にこそ・・・

何か新しい技術を覚えたいと思っても「忙しくて勉強する暇が無い」という事があります。

それでは暇でやる事が無い時に勉強すれば良いのかというと、そうは巧く行かないのです。

「さあ勉強でもしようか」と思って参考書を開いても、すぐに眠くなってしまうのが落ちなんですね。
余程興味のある事を勉強するのでなれば勉強なんか面倒でやりたくないものです。学校の勉強ってそんなだったと思いませんか。

具体的な目的の無い勉強はどうしても身が入らないんです。

必要に迫られ、しかも時間が無い、そんな時が勉強に適した時なのです。




2003/5/29
水道水は腐らないの?

何日か留守にしていて帰って来た時、水道の蛇口から最初に出てくる水がチョット心配になった事はありませんか?
少し出しっ放しにしてから使ったり。でもどの位流してしまえば安心なのか判らないでしょう?
しかし、それは余計な心配のようです。
水は水素と酸素の化合物で半永久的に保存できるものだそうです。つまり腐らないのです。
でも実際に水が腐って悪臭を放っている場合がありますよね。それは水が腐るのではなく水の中に有機物が含まれていた場合これを餌にする微生物が水中で繁殖するためという事です。水道水は塩素などで殺菌しているのでその心配が無いとの事。
それではその塩素は体に悪く無いのか?というと、これは蚊取線香(電気蚊取器でも同じ)にも言える事ですが、微生物には毒で人間には無害ということは無いので体の大きさに対して微量なら影響が少ないというだけで、やっぱり体には良くないようです。



2003/5/27
非常口

ホテルの火災などで犠牲者が出る度に、「非常口を確認しておきましょう」という報道がなされ、こちらもウムウムとうなづくわけですが、喉もと過ぎれば・・・で、実際に宿泊する時にはすっかり忘れてしまっています。
夜中に火災が起こった場合、最も考えられるケースはパニック状態になって非常口に殺到する事ですから、それを想定して非常口を設計すべきですが実際にはどうなんでしょうか。
とりあえず煙から逃れることが重要ですから非常階段は屋外に設けられていますが、そこに出る非常口がネックになっています。屋外に非常廊下を設け各部屋の前の廊下から直接出られるような構造にする必要があります。すでにそうなっている所もあるのでしょうか、高層ホテルに泊まったことは無いのでわかりませんが。



2003/5/25
グッドアイデア

神奈川県の丹沢では恒例の「ボッカ駅伝」が行われます。
規定重量の荷物(小石の袋詰め)を背負って山を走り登るのです。
それだけでもイベントとして充分盛り上がる事でしょうが、このイベントのグッドな所は、その先にあります。
後日ですが、選手が持ち上げた小石を使用して登山道の補修作業をするのです。
この補修作業もボランティアを募り、例年応募した人達は楽しみながら作業をするそうです。
ものが石だけに「一石二鳥」のアイデア・・・なんて言いませんよ・。

↓詳しくはこちらで
http://www.mt-kawana.com/bokka/




2003/5/24
スポーツをする理由は

「健康のためスポーツをやっています」という言葉をよく耳にしますね。
私がスポーツをするのはそれが楽しいからです。健康の為ではありません。
水泳やテニスをやっていたのも自転車通勤も健康が目的ではなく楽しいからです。結果として健康に良かったりバス代が浮いたりしているだけです。

スポーツを健康のためだけにやるのはただ辛いだけです。スポーツをしても楽しく思えない人は無理にやる必要は無いのです。でも自分が楽しいと思える事をしていれば心が浮き浮きして自然に体を動かしたくなりますよ、きっと。





2003/5/22
日本にも、こんな素晴らしい歩道がありました

しかも自分の家からそんなに遠く無い所に。
タイルのレーンが歩行者用、アスファルトの部分が自転車用でしょう。
各レーンが街路樹で隔てられ安全です。それに夏は葉が繁り涼しい木陰を作ってくれます。
理想的な歩道ですね。
車道の渋滞を尻目に気持ちよく走りぬけました。
やれば出来るじゃないの!





2003/5/21
ネット通販

インターネットが生活の一部になってきたな〜!と思う事の1つにネット通販(インターネットを使った通信販売)があります。

「宇宙家族ロビンソン」のアニメ版に、テレビ画面で品物を選んでボタンを押すとポンと出てくるような場面がありましたが、それが現実になっています。
もっとも「ポン」と出てくるというわけには行きませんが・・・。

支払いもコンビニ払いなど出来る場合もあり便利になっています。

買う側からの便利さもさることながら、ネット通販の凄い所はむしろ売る側のメリットでしょう。
実際に店舗を構える必要も無いので設備投資がいらないし、市場が日本全国(もちろん全世界だって)に開けているわけですから。
個人でも大きな会社に充分対抗できるシステムと言えます。
ポイントはいかに多くの人にWEBページを見てもらえるかという事になります。これが簡単そうでなかなか難しいところでしょうね。





2003/5/20
話し合いとは

日常の中で「話し合い」という事を誰もが経験していると思います。
利益が相反する相手との交渉事というのは大変難しいものですが、皆さんは話し合いにどんな心構えで臨みますか?
熱弁を揮って相手を言い負かしてやろうという意気込みで臨むんでしょうか。お互いに自分の主張を言い合って何処までも平行線というケースが多いですね。

本当は「私はこれだけ譲ります。あなたはどれだけ譲ってくれますか」と言うのが話し合いなのです。
でも実際には相手が一歩も譲る気が無いのにこちらばかりが譲るわけにも行かないのでやっぱり「言い合い」になってしまうんでしょうね。



2003/5/19
フジカラーCD

普通のフィルム(銀鉛フィルムと言うんだそうですが)で撮った写真をパソコン画面で見られるデジタルデータにしてくれるサービスがあります。
DPEショップで扱っています。料金は富士フィルムのWEBサイトでは現像代別でフィルム1本\700となっていますが、店によってはもっと安くなります。(12枚撮でも36枚撮でも同じ)
自分でも安いフィルムスキャナーを持っているんですが、安いだけのことはあって解像度も色も良くありません。同じフィルムを店に頼んでその違いに愕然としました。
同様のサービスはフィルムメーカー各社であるようです。





2003/5/18
衣食足りて・・・

「衣食足りて礼節を知る」という言葉があります。
我が国は経済発展し物質的に豊かになると「衣食足りて礼節を失う」などと言われるようになりました。

衣食足りて失ったものは他にもあります。
それは「生きる意欲」とでも言うものでしょうか、人間はその日食べる物も無いような状態では野生動物と同じで、とにかく食べ物を手に入れることばかり考えるでしょう。いつも死を身近に感じて生活していると生きる事への執着心が強くなるのでしょう。

食べ物も着る物も住む所も特に苦労無く手に入る環境では逆に生きる事の喜びを感じる事が出来ないのかも知れません。
「インターネットで自殺事件」など目にするにつけ、そんな事を思いました。



2003/5/17
梅雨(つゆ)入り近し

毎日しとしと雨が降るようになりました。
水源の確保や農作物の成長それに森林の維持などのために雨は必要なものですが、気分的には憂鬱な季節ですね。

かと言って家の中に閉じ篭っていてはなおさら憂鬱になってしまいますし、丹沢でも歩きに行って見ようかな。

雨に濡れ鮮やかさを増す新緑、低い雲が立ち込めた谷、そんな風景の中を傘にあたる雨音を聞きながら歩くのもまた風流というものです。



2003/5/15
プライバシーか安全か

「自由の国」を標榜するアメリカにおいても「あのテロ事件」依頼、安全のためには警察による盗聴などを一部認める風潮が強くなったと聞きます。
もっと小さな例えば私たちの住宅についてもこの選択があります。
プライバシーを確保するため高い塀をめぐらせて周りから家の中が見えないようにすると、ドロボウは塀の中に入ってしまえば安心して仕事ができるので狙われやすいそうです。我が家のように隣から部屋の中まで見えてしまうような家のほうが安全のようです(その代わりプライバシーは保てませんが)。





2003/5/13
何のために生きているのか

「自分は何のために生きているのか」、頭の良い人ほどそういう事を考えがちなようですが、出来ればそういう事は考えない方がよろしい。

何かの目的をもって生まれて来る人はいません。成長してからも「私は○○のために生きています」と公言できるほど立派な理由を挙げられる人は少ないでしょう。
悪く言えば惰性で生きている、それでも生きている事が大事なんです。
毎日楽しい事ばかりでは無いでしょうが。悪い事ばかりでも無いはずです。肩の力を抜いて自分のペースで生きれば良いのです。

長く生きていれば「そのうち良い事もあるさ」。




2003/5/12
東京園

私が小さい頃、家に風呂がありませんでした。もっともその頃住んでいた地域で風呂付きの家は珍しいくらいでした。
そこで家族揃って銭湯へ行くのですが、たまには電車で1駅の「東京園」に行くこともありました。

ここは小規模なヘルスセンターという感のところでした。ラジウム温泉ということでお湯の色が茶色っぽかったように記憶しています。
私はここで一度溺れかかった事があり、あまり印象が良くないせいか大人になってから行った事はありませんが、最近前を通った時、たまたまカメラを持っていたので入口あたりの写真を撮ってみました。
料金が日中の1時間以内なら銭湯より安い\390というのは驚きです。

http://www.tsunashima.com/shops/tokyoen/






2003/5/10
ロッピー

一昨日、某コンビニに設置してあるオンライン端末でサッカーのチケットを買ってきました。

もう何度も利用しているんですが必ず押し間違えるんですねこれが。

間違っても戻ってやり直せばどうって事ないんですが、困るのは音声ガイダンスというんですか?いちいち喋るんですね機械が。

ですからトップページに戻ると「いらっしゃいませ」とか言うので間違えたのが周りの人に判ってしまう訳です。
しかも何回も同じ「○○を押して下さい」などと言われていると、店員さんに「大丈夫ですか」なんて声をかけられてしまいますます焦ってまた間違えたり・・・。

音声を消せるようにしてほしいゾ!



そのチケットで観に行った、「川崎フロンターレ vs 横浜FC」(等々力競技場)は、
0−0のまま試合終了4分前、横浜がゴール!勝利!と思ったロスタイム、同点にされ1−1の引分け。


負けたかのようにうつむいて引き上げる選手と一人一人に声をかけ握手を求めるリトバルスキー監督(茶色のスーツ)。



2003/5/9
ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークが終わって1週間経ち、遊び疲れがやっと取れてきた方もいるのではないでしょうか。
何処へ行っても「連休には何処かへお出かけになりましたか?」と必ず聞かれます。我が国では何処か観光地などへ出かけるのが楽しい休日の過ごし方だと思っている人が多いからです。

せっかくの休日にわざわざ渋滞の中を出かけて行きます。行った先でも行列また行列です。
でもそれも仕方が無い事かも知れません。
多くの人がまとまった休みを取れるのは盆暮れと5月の連休くらいだからです。未だに「仕事を休んで遊びに行く」ことに対する風当たりは強いんでしょうね?って私は平気で休みますから実感は無いんですが。
もっとも家族でという事になると子供に学校を休ませる訳にも行きませんからねえ。
・・・何が言いたいんだか解らなくなってしまいました。



2003/5/7
があ子さん

ひょんな事から、があ子さんのウェブサイトに偶然出会いました。
人との出会いというのは本当にチョットしたキッカケなんですね。
実はゴミ問題を調べていて「不法投棄」の検索で「秋の宮ケ瀬湖への挑戦」の中の一文にヒットしたんですよ。これが無ければ一生お会いする事も無かったでしょう・・・って実際に会って無いですが。

そのナチュラルなツーリングスタイルと「どアップの写真」にすっかり魅せられてしまいました。

http://hatsu.atnifty.com/index.html






2003/5/6
はてなの茶碗

物の価値というのはその物自体の価値ではなく「有名人が使った」というようなことで価値が出る事が多いようです。

有名人のサインはその代表的なもので、サインの文字が素晴らしいからではなく誰が書いたかに価値があるわけです。

ちょっとした事から物の価値が上がってゆく面白さを題材にした落語があります。ご存知の方も多いと思いますが。
上方落語「はてなの茶碗」




2003/5/5
人類補完計画

何年か前に大ブレイクした?「新世紀エヴァンゲリオン」がWOWOWで放映されました。
リニューアル版という事だったので以前論議を呼んだラスト場面が変わっていたり、謎が解き明かされたりするのかと期待して観てしまいました。

その結果解ったことは、「前回と何処が違うのか解らない」という事でした。(泣)(前回の内容をかなり忘れているようで・・・)結局「人類補完計画」が何なのかも理解出来ずじまいでした。

どうも私の脳はこの手の思考について行けないようで、その難解さは最近マスコミで人気の「白装束集団」と同じくらいかな?

それに・・このアニメはテーマが深刻で疲れます。



2003/5/4
健康診断の効果

年1回、勤務先で健康診断が行われます。自分ではどこも悪いところが無いつもりでいても診断結果をもらうと全項目異常なしという事はまずありません。しかし要再検査という診断で別の病院で調べてもらうと異常なしという事も多いようです。
人間の体というのは個人差があり例え同じ数値が出てもある人には異常である人には正常範囲という事があるようです。またX線写真や眼底写真については画像を見て人が判断するわけで医師の知識や経験に頼るところが大きいのです。(「○○占い」のように、どうとでも言えるような気がして心配・・・)

そのため病院によって「問題なし」とする所もあれば「治療が必要」と言われる所もあることになります。

ただ自分の体の傾向を知っておく事は必要だと思いますのでその意味では毎年の健康診断は意味があることだと思います。
いずれにしても健康診断を受けた直後は健康について関心が高まり食べ物に気をつけたりするようになります。(1ヶ月もすると忘れてしまうのですが・・・)




2003/5/3
二酸化炭素

地球を覆っている大気の組成は窒素が約78%、酸素が約21%で二酸化炭素はわずかに0.04%にすぎません。
そのわずかな二酸化炭素のほんの少しの増加が地球温暖化を招き地球の存亡に関わってくるというのには驚きますね。

二酸化炭素の増加の原因は、排気ガスだの羊のゲップだのと言われていますが、世界最大の石油消費国であるアメリカが京都議定書から離脱するなどなかなか対策が進まないようです。

とりあえず私たちが出来ることは節電や車を出来るだけ使わないようにする事くらいでしょうか。

アメリカのブッシュ大統領はもともと石炭石油などのエネルギー産業の人たちの支持で大統領になったらしく、支持を失わないために京都議定書に反対しているらしいです。本当ならとんでもない話です。




2003/5/2
海が見える家で暮らしたい

前からずっと海が見える家に住みたいと思っていました。
海を見下ろす高台がいいなあ、家の周りに大きな木がたくさんあって
夏は木陰で本を読んだり昼寝をしたり、
窓越しに水平線に沈む夕日を眺めて・・・。

それは私にとって非現実的な空想でしかないのですが、「夢を持ち続けていればいつか必ず叶う」と言いますから・・・。





2003/5/1
痒いのは我慢できない

人間の感覚の中で最も我慢できないのは何でしょう。
痛いのは歯を食いしばって耐えることができても痒いのは我慢できません。何とか我慢しようとしますが堪らずに掻いてしまうわけですが、五十肩の後遺症からか背中に手が届かないのです。
そこでありがたいのが「孫の手」です。これは近所のケヤキを枝打ちしたときもらった枝を削って作りましたが、この絶妙のカーブが正に痒いところに手が届く使い心地なんです(自慢!)。


痒いのもチョットの時間は我慢できますが、1秒も我慢できない感覚がありました。
それは「くすぐったい事」です。これは我慢できない。



↓前   過去の雑文INDEXへ