↑次   過去の雑文INDEXへ


2005/9/27
イルカの日


          映画の中だけの話だと思っていたのに、
          本当にそんなことやっているんですね。

          人間って・・・・・。

          やりきれない気持ちになりました。





2005/9/23
列車という不思議な空間

列車というのは乗用車やバスとは異なった空間を持っているような気がします。
その理由は「運転手が見えない事」にあるのではないでしょうか。
普段、列車に乗っている時に運転手の存在を意識することはありません。部屋が自然に動いているような感じです。
飛行機も運転手?が見えませんが何故か人が操縦しているという気がします(って人が操縦しているんですが・・・)
きっと列車はレールの上の決まったコースを走る安心感があるのかも知れません。
脱線転覆の大事故がありましたが、私はその直後も列車に乗るとき事故の心配をした事はありません。
しかし通勤電車でたまたま先頭車両に乗った時など運転手の操作が見えているとその安心感が得られません。やはり「運転手が見えない事」が大事なポイントなんでしょう。




2005/9/15
渡良瀬渓谷鉄道

群馬県と栃木県の県境を走る渡良瀬渓谷鉄道をご存知でしょうか。
桐生駅からすでに廃坑になった足尾銅山の手前の間藤駅までその名の通り渡良瀬渓谷に沿って走る実にのどかな鉄道です。
それゆえに、毎年数パーセント乗客が減少し続け、廃線の危機に瀕しています。
9月1日より起死回生策としてフリーパス「わたらせ夢切符」が発売されました。このパスの売れ行き次第で渡良瀬渓谷鉄道は廃線になるかも知れないそうです。
何とかこの素敵な鉄道を存続出来ないものか思います。


↓詳しくはこちらをご覧下さい。
フリーパス「わたらせ夢切符」チラシ(pdf)
フリーパス「わたらせ夢切符」チラシ表(jpg)
フリーパス「わたらせ夢切符」チラシ裏(jpg)





2005/9/14
民主主義

新聞の書籍を紹介するページで「クオ・ワディス」という古代ローマ帝国の暴君ネロのキリスト教徒迫害を題材にした小説が取り上げられていました。その中で塩田丸男さんのコメントが目に留まりました。

権力を持つ事は人間を恐ろしいものに変えてしまう。どんな社会にも指導者、支配者は必要だが「民主主義の社会とは支配者が持つ権力を出来るだけ小さくする社会なのだと思う」というような事が書かれていました。

今回の衆議院議員総選挙の結果、自民党が圧勝した事で支配者が持つ権力が大きくなり過ぎる心配が出てきたような気がします。まさかこれを機に独裁国家に・・・とは思いませんが。




2005/9/13
絶対安定多数

今回の衆議院議員総選挙は「郵政民営化」だけに目が行ってしまって小泉自民党に投票した人も多かったのではないかと思います。

そのほかの年金問題や増税問題、憲法第9条改正を視野に入れた自衛隊の海外派遣など多くの問題がありますが、それらすべてが自民党の多数の力で何の障害も無く可決できるようになりました。

自民党の政権が続くこと自体の賛否はともかくとして「絶対安定多数を取ってしまった事」がまずかったんじゃないかなと思うのですが・・・。





2005/9/11
夏の終わりが

朝、部屋のカーテンを開けると網戸の外側にアブラゼミがとまっていました。
普通なら驚いたように逃げるのに、ジッと動かずにいます。もう飛ぶ力が無くなって網にしがみついているのがやっとのようでした。
日中は相変わらず猛暑が続いていますが、朝夕はめっきり涼しくなって来て、秋を感じます。
セミは地上に出て1週間くらいの命だそうですから特に秋だから弱っている訳では無いでしょうけれど、いかにも夏の終わりを象徴するように見えました。

涼しくなるのは過ごし易くなってありがたいのですが、夏が終わってしまうこの時期は毎年、妙に寂しさを感じてしまいます。



2005/9/9
夢のようだ

横浜フリューゲルズの消滅により横浜FCというプロサッカーチームが設立されJ2の下のカテゴリーJFLからスタートして7年目になります。
今年、シーズンの半分を消化した7月半ばに何とあの三浦知良の加入。
3年前の城彰二の時も驚きましたがカズですよカズ!
プロ野球で言えば長嶋茂雄さんのような存在ですから・・・。
三ツ沢で、城 カズのツートップが観られるなんて、しかも我が横浜FCの選手として・・・。考えたことも無かった、本当に夢を見ているようです。
元日本代表とは言え全盛期のように行かないのは解っています。それでもひたむきにボールを追い全力でプレーする姿を見るだけで十分幸せな気分になれるのです。
8月にはフリューゲルズ消滅時のキャプテン山口素弘が期限付きとはいえ戻ってきましたし、ますます観戦が楽しみになりました。



2005/9/6
バケツをひっくり返したような雨

大型台風14号によって九州や四国では大きな被害が出ているようです。
関東地方でも台風の影響で豪雨になりました。

ラジオのニュースを聞いていると「バケツをひっくり返したような雨が降っている」と言っていました。

「な〜んだ、バケツをひっくり返した程度ならたいした雨じゃないなあ」と思いました。




↓前   過去の雑文INDEXへ