↑次   過去の雑文INDEXへ

2007/9/30
やられました

 昨日、葉山にてカヤック練習の際、クラゲに刺されたようです。

カヤックに乗っている時は当然下半身は密閉されたコクピット中ですからクラゲに刺される心配はありません。
練習の合間にチョット海に入ってみた三十秒たらずの間にチクチクッとやられました。

ロールの練習中、何度も水中に顔をつけたのですがクラゲがいるようには見えなかったのに。

クラゲじゃなかったのかな?

やっぱりこの時期パドリングタイツもロングじゃないとダメですね。
第一、寒いし・・・。



2007/9/29
ロール記念日

 一ヶ月半ぶりのシーカヤック・レッスン。
あいにくの雨でしたが、まあどうせ濡れるわけですから。

前回から始めたロール練習。どうもいまひとつイメージがつかめなかったのです。
今日も鼻に水が入ってむせたり海水をたらふく飲んだりで苦戦でした。

でも、とうとう出来ました。

出来てみると「エッ、これでいいの?」っていう感じで何か実感が無いんですよね。
でも出来たんですよ。

「嬉しい〜」

師匠から「今日は、あなたのロール記念日なんです。おめでとう」と祝福を頂きました。
いや〜、師匠のおかげですよ本当に。



2007/9/24
伊豆アドベンチャーライド

 アロハバイクトリップの伊豆アドベンチャーライドに行ってきました。
ガイドツアーという事で少し甘い予想をしていたんですが・・・、
「いや〜、まさにアドベンチャーでした」
でも楽しかった。
皆さん、ありがとう。



2007/9/22
海岸MTB

 本日はK野さんと三浦半島の海岸をぐるっと走ってきました。
たまには山サイではないツーリングも良いものです。
夏の暑さも今日までで明日からは気温が下がっていよいよ秋に突入との事です。
ということで「今年最後の夏の海」を眺めながらのんびり走りました。
確かに陽射しは強く暑かったのですが走り出せば風が心地良く真夏の暑さとはやっぱり違います。

 海を眺めていると腕にこんな奴が乗ってきました。
「やっぱりもう秋だな〜」



2007/9/17
釈迦ヶ岳

 昨日いつものMTB仲間と栃木県の釈迦ヶ岳へ行ってきました。
駅から自走では時間的に無理なので珍しく車を使いました。
予想より登りがハード(時間がかかる)で、駅から自走は時間的だけでなく体力的にも難しい事がわかりました。
下りは最初の急斜面(これが以外に長い)を過ぎれば乗車率は高く楽しめるコースです。
ただし、長い押し担ぎが嫌な方にはお勧めできません。
レポートはこちら

←後ろに見える山が釈迦ヶ岳。



2007/9/12
夕焼け

 勤務先からの帰り道。
土手の下から見上げる夕焼け空は見事なオレンジ色でした。
明日は晴れるのかな?

猛暑が何とか収まってきたと思ったら、いきなり秋の長雨のような毎日。
週末にツーリングの計画があるので天気が気になります。



2007/9/8
これは楽だ

 ツーリングの際に持って行くポンプ(空気入れ)は使う頻度は極めて低いので能力よりコンパクトさを優先してサイズの小さな物を使っていました。小さいという事は一回のポンピングで入る空気の量が少ないという事になりますから千回もポンピングする必要があります。でもまあこんな物だろうと思っていました。こんなに小さいんですから・・・。
ところがクラブのツーリングであるメンバーが持ってきたポンプは私にカルチャーショックを与えました。 サイズはやや大きめですが、驚いたのは「その空気入れとしての能力の高さ!」
あっという間にタイヤの空気が満タンに入ってしまいます。
その能力の秘密はフロアポンプのように地面に立てて体重をかけてポンピング出来る事。そのために短いながらホースや足で抑えるためのプレートが付いています。さらに空気圧がわかるゲージまで付いていました。

 これは良いなあと思ったものの折り畳んだ寸法が30センチオーバーではチョット大き過ぎるし・・・。
そうしたら26センチ170グラムのサイズダウン版があるじゃないですか。(タイヤゲージは付いていませんが)
早速購入。これは楽です。パンクが楽しみ!(ってわけは無いですが)



2007/9/4
読んでもらうために

 いろいろなサイトを拝見しておりますが、途中で読むのを止めてしまう事があります。

もちろん内容が気に入らない場合もありますが、大抵は文がやたらに長いサイトで、画面いっぱいにぎっしりと並んだ文字の大群に圧倒されて読む前に嫌になってしまうんです。
(余程興味深い内容であればそれも気にならないのですが・・・)

そんなわけで私の雑文もダラダラ長い文章にならないように数行毎に空白行を入れたり、出来るだけ写真などで目先を誤魔化したりと工夫しているんですよ。

縦書も長文にならない為には役立っているわけです。
(Internet Explorer以外をお使いの方ゴメンナサイ)
そう言えば「縦書きにならないブラウザー対策」すっかり忘れていました。
でも良い方法思いつかないんですよ〜。



2007/9/1
なかなか巧い売りかたです

 最近よく見かける「作る雑誌」(クラフトマガジン)でこの他にも各社で色々な作る雑誌が発売されています。
「これも発想の転換」というんでしょうか、雑誌に付録として組み立て模型が付いてくるという形態ですが実際は模型を売る事が主目的です。
完成までの価格が七万円程度ですから正当な価格ではありますが、普通に七万円の模型を売っていたら特に鉄道模型に趣味が無い人が「チョット買って見ようか」とは思わないでしょう。
ところが創刊号は七八〇円ですから(ここも巧妙に創刊号は必ず半額になっています)「つい買ってしまって・・・」毎週買う破目に陥っている人も多いのではと思うのです。
いや、悪い事では無いんですよ。
作っている時はきっと楽しいんですから。それは結構なんですが、こういうのに嵌ると出来上がった物の置き場所が・・・・・。



↓前   過去の雑文INDEXへ