↑次   過去の雑文INDEXへ

2010/02/28
ピザとワインの夕べ
 群馬のN澤邸(自転車貴族の館)で開催の「ピザとワインの夕べ」にお招き頂きました。
本当は翌日山を走るのがメインでこちらは前夜祭といったところなんですが・・・、人によっては前夜祭の方が主目的な場合があって「前夜祭だけ参加したいんですが・・・」などと言う不届きな希望が出たりしますが、これは主催者から厳重に禁止されています。
 ところが今回はあいにくの天候で結果的には前夜祭のみで終わってしまったわけであります。
 残念なのか良かったのか判断に迷います。ってウソウソ走りたかったに決まってるじゃないですか。ねえK宮さん。
 しっかし、楽しかった(美味しかった)ですよ〜。
皆さんありがとね。




2010/02/26
「軽自動車は軽油と思った」←うまいっ!
 セルフスタンドで給油ミスが多発しているらしいです。
中でも「ガソリン車に軽油を給油」が最も多いんだそうですが・・・・・、

その理由が笑っちゃいます。

 「軽自動車は軽油と思った」・・・だって。

 誰が上手い事を言えと・・・・・。

←写真はイメージです。このスタンドで・・という事ではありません。






2010/02/25
濃霧
 一昨日あたりから何だか妙に暖かくなっていますが、その気温変化のせいか朝練で鶴見川の土手を走ると霧がスゴイ。
 ライトのビームがハッキリ見えます。

 日の出の時刻も早くなってきていて、Uターンしてこの写真を撮った所を再び通る頃にはもう明るくなっていました。それと共に霧もスーッと消えてしまいました。

 このまま春になるのかな? それともまた寒さが戻って来るんでしょうか。


2010/02/24
こんなの出て来ました・・・
 これ、相当古いコーヒーミルなんですが、
古いビデオテープを処分→隠れていた古いコーヒーミル発見。となりました。

 35年くらい前、まだ髪の毛がフッサフサだった頃、彼女だったか嫁だったか(いずれにしても同一人物なんですが)と一緒に行った下北沢の駅の近くの大きな雑貨屋(?)で買いました。 確か箱無しだった気がしますので中古品か店頭品で安かったんだと思います。

 しばらくは面白がってゴリゴリやっていましたが、段々面倒になってただの装飾品になってしまいました。そのうち棚の陰に固定され埃まみれになって忘れ去られていたのです。

 「もう使わないんだからこれも捨てよう」と思ったんですが、なにしろこのレトロな形状と鋳鉄のズッシリとした存在感。これ只者じゃない気がしました。
 Web検索してみると結構出て来ます。
 英国のスポング社製で今では入手が困難なためマニアには人気のようです。
 ヤフオクで出品されると、中古品でもコーヒーの粉を受ける皿が無いもので8千円〜1万円位。皿付きだと1.2万円〜1.5万円位だそうです。これが高いのか安いのか良くわかりませんけど・・・。
 とりあえず取っといて値上がりを待ちますか。


2010/02/23
古いビデオテープ
 かなり「場所鳥」になっている古いビデオテープ。処分する事にしました。
 (年配の方「場所鳥」のCM覚えていますか?)
ちなみにWeb検索したら「もしかして: 場所取り」って聞かれちゃいましたけど・・。

 残して置きたい物だけDVDにダビングしておこうと思ってダビング作業を始めたんですが、これが結構大変。
何倍速ダビングとか出来ないので時間がすご〜くかかるし。(出来るのかも知れないけどやり方が・・・)

 最初、たまたま余っていたDVD−RAMに1本まるまる直接ダビングしたんですが、再生して見たら「ここから分けたい」とか「CMはカットしたい」とか、いろいろ出てきて・・・。
しかも、取説をよくよく読むとDVD−RAMはVideoモードの録画が出来ないらしい。(出来るのかも知れないけど)
(Videoモードじゃないとパソコン等で観れないらしいので。)

 そこで今度は先ずHDDに次々にダビングしてしまい、編集してからVideoモードでDVD−RかDVD−RWにダビングするという方法にしました。

 ところが、HDDからDVDにダビングする段になると、いきなり「ディスクを確認して下さい」という画面になり
←本体の表示が「ERR−14」点滅に・・・・。
 壊れちゃったみたいです

 という事で、現在DVDレコーダーは修理中。



2010/02/21
帰る頃になって晴れるんだもんなあ
 今日の葉山駐車場は朝から雲が多くてしかも北風強めで寒いの何のって。
でもフリースの上からドライを着たら暖か〜い。
 この時期、寒さと引換えに海の透明度が高いのが嬉しいんですよ。
 あんまり透き通っているのでロールを1回やっときました。濡れた首筋あたりが北風にさらされて冷たい。
師匠から「寒いから止めときなさい。」と言われたのに言う事きかないから・・・・。

 寒さのせいか風の予報のせいか、日曜日なのにカヤックは少な目でした。

 でっ・・・帰り支度してカヤックを車に積んでいる間にどんどん晴れ間が広がり風も弱まってまいりました。
まあこんなもんですね人生ってやつは。


2010/02/20
無為に過ごす
 自転車で1分で行ける某ショッピングモールへ行きました。
 お客さん疎らで商売的には心配になりますが、客側の立場からすれば空いていて快適でした。

←自転車置き場から外階段を昇った所のテラス風の通路なんですが、別の通路でエスカレーターで昇れるので、誰〜れも居ません。
 なんか久しぶりにポカポカ陽気だし、それでいて暑くもなく丁度気持ちの良い暖かさ。入口付近にあるベンチで日なたぼっこしたくなるようです。

 こんな日は自転車で山を走るのも良し、カヤックを漕ぐのも良し・・・・・なんですが、こうやってぶらぶらと無為に過ごすのもまた1つの贅沢というものです。


2010/02/13
山サイのスタイル
 シーカヤックでプカプカ海に浮かんでいる時に、ふと思ったんですが・・・・・、
 そういえば最近の山サイ、最初の頃の「のんびりゆったり感」が無くなって、ひたすら頑張って登ったり下ったりしているような気がします。

 それはそれで面白いんですが、
還暦も迎えた事だし、これからはもう少し余裕を持って走れる山サイプランを考えてみようかなと思います。

 ついつい欲張ってコースも長くなりがちですが、低い山をゆっくり登ってのんびり休んで、またゆっくり下って陽が高いうちに麓に戻って来るようなのもたまにはやりたい・・・かな。

 まあ肉体的衰えというか、精神的成長(負け惜しみとも言う)というか、徐々に山サイのスタイルも変わって行くんでしょうね。


2010/02/11
いっそのこと こいつらも
 チェーンの潤滑剤(ドライタイプ)を使い始めて約100Kmほどですが、中間報告。
 若干シャリシャリ音があります。気になると言えば気になりますが、従来の油切れの場合とは明らかに違い摩擦抵抗のようなものは感じません。
 手でチェーンに触って見ると、かすかに黒い汚れが付きました。どうやら最初の脱脂が不完全で残っていた油分が浸み出している感じです。
 そこで、もう1回灯油に浸けて脱脂をしてみる事にしました。

←ついでにギアやプーリーもフッ素コーティングして見ようと思い、バラバラにして灯油で洗浄。

 さて、どうなりますでしょうか。お楽しみに・・・・・。



2010/02/07
アクアラインからの夕日
 今日のMTBクラブのツーリングは房総方面。

気温は低かったけれど日中の陽射しは強く、休憩時間の日ひなたぼっこは気持ちが良かったです。(登りでは汗びっしょりです)
 走行距離38km、累積標高2293m、押し担ぎが全く無い乗車率ほぼ100%のコースでした。
 でも標高差300mのオンロードの登りが最後にあるのはかなりツライかった。

←帰りのアクアラインから見た素晴らしい風景。三浦半島のむこうに沈む夕日。上空に羽田空港へ着陸態勢に入った旅客機の姿も見えます。

 今日は押し担ぎが無かったから脚が攣らなかったんだな〜。と喜んでいたら布団に入ってからいきなり攣りました。寝ている間も「秘密兵器」やっとかないとダメか?


2010/02/06
ちょっとだけカヤック
 今日の風予報では、北風が午前中に西風に変わり強く吹くらしい。
8時前に葉山に着くと、風はそれほどでも無いのに沖にウネリが見えます。浜に打ち寄せる波も普段よりは大きいようです。

←長者の先端あたりにはこんなぐあいの波が入っています。
 サーフィン(カヤックで)出来る人には楽しそうですが、私には恐ろしいだけ。

 南西風に変わったら更に荒れそうという師匠の判断で、その辺をチョロチョロっと漕いで終了。
昼食を済ませて帰り支度をしている間に風向きが変わって海面が真っ白。一気にウサギの運動会状態になっていました。
 明日はMTBクラブのツーリングだし、体力温存できて良かったかも。


2010/02/04
素直に羨ましがりましょう
 人はどうしても自分より良い思いをしている人に対し「妬み」の気持ちが出てしまいます。

これはまあ本能のようなもので仕方がないんですが、これを克服することが「幸せへの第一歩」なんです。

 負け惜しみを言って諦めるのも一つの方法ですが、素直に羨ましがるのが一番です。
羨ましがられた方も悪い気はしないしね。

 人の悩みの90%はお金で解決出来るらしい(?)ですが、
それが出来ない我々に最もお手軽な方法は「気の持ち方」なんですね。

素直に認めちゃえば良いんですよ。
「いいなあ〜、羨ましいなあ」って。



2010/02/02
超デラックスシートの高速夜行バスがあるらしい
 昨年秋に熊野川のカヤックツアーに行った時、夜行バス(3列シート)を利用したんですが、結構窮屈で腰が痛くなりました。
小柄な私の娘なんかは全然余裕で「楽っく楽く」らしいのですが、私の場合ほら、脚が長いもんでねえ。
 それでも敢えて利用するのは新幹線より料金が安い事もありますが、一番の理由は早朝に着くことなんですね。そうすれば丸1日遊べますから。・・・だだし、良く眠れたらの話ですが。

←ところが、・・・こんな素敵な深夜バスがあるらしいです。(新聞記事よりパクリ)
 なんと2列シートで、座席の幅80cm、前の席との間隔135cmだって。それでも料金は新幹線より安いらしいですから良いですよねえ。

 でもまだ運航している路線が少ないようで、熊野方面にはありませんでした。
 それに、全席このシートでは無く、通常の深夜バスは2階が客室で1階が荷物室になっていますが、2階は4列シートの客室で1階が2列シートのエクゼクティブ・シート(しかもたったの4席だけ)だそうです。よって荷物室は無く大きな荷物は持ち込めません。当然自転車なんてとんでもございません。

 結局、荷物の多い遊びには使えないみたいです。


↓前   過去の雑文INDEXへ