↑次   過去の雑文INDEXへ

2013/07/31
自己ベスト更新
 2,3年前から、自転車で、『ひとりタイムトライアル(笑)』というのをやってるんですけど・・・・。

 本日、自己ベストを更新しました。パチパチパチ。

 風が弱く、曇天で気温も高くないという好条件がそろったのが勝因です。 
  往復コースなので、往路が向い風なら、復路は追い風で、プラスマイナスゼロのはずなんですが・・・。
 マウンテンバイクなもんで、強風の場合、追い風だと、ギア比の関係で「脚が余る」のと、転がり抵抗が大きいので、向い風で失ったタイムを、追い風で取り返せないという事情があるんです。

 9月までシーカヤックは『貧乏休み中(笑)』だし、山サイも、この一、二年、あまりお誘いがないので、お金のかからない楽しみをなんだかんだと考えて楽しんでおります。
 いつお誘いがあっても対応できる脚をつくっておくためにも効果的だしね。 だれか誘ってくれないかな?


2013/07/23
沈(ちん)ということば
 ネタに困ると登場する『へりくつネタ』です。(笑) 今回は沈(ちん)についてヘリクツを言ってみます。
 例年通り、夏はカヤックお休みです。せめてネタだけでも・・・。

 沈(ちん)とは、カヤック用語で転覆することをいいます。
 沈脱、降り沈、不意沈、などと言います。そう、粗沈(そちん)なんてのもありました。

 カヤックを始めたときから、まわりがそう言うので、特に気にもとめてなかったんですが、 なぜか最近、急に気になってしまいました。
 たぶんネタが無いせいです。(笑)

 なにが気になるかというと、というのは沈没つまり沈んでしまうことです。
 ただ転覆しただけで、裏返しに浮かんでいるのを沈(ちん)というのは変ですよね。
 かといって、転(てん)しちゃってとか、覆脱(ぷくだつ)しました。というのも変ですけどねえ。

 どうしてなんでしょう?
 スクールの先生に聞いてみましょう。
 


2013/07/14
あららら・・・
 クラブツーリング。
 朝から、暑いです。 山の上まで行けば涼しいんでしょうか?

 アプローチの舗装道路を途中まで登ってくると・・・。
 『崖崩れのため全面通行止』 だって。

 道路が土砂で埋まっていたって、自転車担いで越えていけるんじゃないの? てんで楽観していましたが、
 「まだ、ときどき落ちてくるので危険だから通せません」とのこと。
 ここ左側も崖で下は川です。迂回路も無いらしい。

 予定のS尾根はあきらめて、Y尾根へ変更。少し戻ったところから分岐している林道を登ります。
 私はY尾根は初めてなので、かえって良かったかな。思ったより階段の担ぎが多くてメンバーには不評でしたが、下りは、私のレベルでも結構乗れて楽しかったですよ。
 山の上は予想通り涼しくて気持ちが良かったんですが、くだってくるにしたがって暑くなって・・・、下りなのに汗だくでした。
 
 崖が崩れたのは3日前くらいだそうです。大雨が降ったわけでも、大地震があったわけでもないのに、どうしたんでしょうね。 




2013/07/11
いつも、のぞいてる犬
 朝の散歩のとき、いつも逢う犬。
 吠えるでもなく、遊びたそうにするでもなく、フェンスから顔だけ出して、ただ、じっとこっちを見ているだけ。



2013/07/08
いやー、いきなり暑くなりましたなあ
 今年は、また、やけに梅雨明けが早かったですねえ。
 というか、梅雨らしくなかったような・・・。 水不足が心配です。

 昨日、今日と、いきなり『 猛暑!
 慣れてないから、こたえますねえ。汗がとまりません。

 わたし暑いの好きなんですが・・・。いきなり、はねえ。

 今週末あたり、また建築現場の予定なんですが・・・。
 現場は暑そうだなあ。



 


2013/07/02
自転車で現場
 ひさしぶりに大工さんのお手伝いです。
 車庫の天井を張るので、車で行くと置く場所がないから・・・自転車で行きます。
 現場まで片道20kmくらいありますが、まあそのくらいならね・・・と思ったんですが。
 自転車で行って、お昼食べて、帰ってくる。というわけじゃありません。現場に着いたら、働かなければなりません。(あたりまえですが)
 車庫の天井は高いので簡単な足場を作って、その上に乗って作業するんですが、大工さんより数センチ背が高い私には、足場が高過ぎて頭がつかえてしまいます。膝を曲げて空気椅子状態での作業はなかなか辛いです。
 真夏から比べれば楽なものとはいえ、暑さで汗だく、ペットボトルがすぐに空になります。
 ひさしぶりだったので余計疲れたみたいですが。
 こんな状態で、自転車で帰れるんでしょうか?
 ところが・・・走り出してみると、意外に走れるものなんですねえ。夕方には涼しくなったせいもあってけっこう快適なツーリング感覚で帰ってまいりました。
 でも、やっぱり相当疲れたようで、翌朝は朝の散歩に出かける気力がありませんでした。




↓前   過去の雑文INDEXへ