↑次   過去の雑文INDEXへ

2014/04/26
「排他的経済水域」的な話
 きょうはちょっと難しい話をします。みなさん遅れないで付いてきてくださいね。(笑) 
 自転車の昼錬の話なんですが・・・。
←この画は幅6mほどの舗装路と思って下さい。河川の土手の上の道で公道ではないので道路交通法はたぶん適用されません。白丸は歩行者です。
 人の習性として、たいていは横に並んで歩きます。こんなに広い道なんで、右でも左でもどっちかに固まって歩いてくれたら、こちらは空いている方へよけて通過するんですが、図のように両端に分かれて歩くかたが多いんです。すると、まん中の部分は自分たちの占有地という認識になってしまうらしく、いきなり反対側へ寄ってきたりします。当然、歩行者優先ということで、進路を変えたりスピードを落としたりするんですが、それにしてもね。じゅうぶん安全に通れる間隔なんですけど、もしものために最徐行します。せっかく歩行者との距離がとれるように広い道を選んで走っているんですから、まあ愚痴も出るってもんです。
 きょうは土曜日とあって人が多いです。土日祝日は「ひとりタイムトライアル(笑)」はあきらめているんですけどね。でも気象条件と体調がうまく合って「きょうはタイムが出せそうだなあ」っていう日があるんですよ、そうするとアスリート魂に火がついて・・・って誰がアスリートやねん。


2014/04/23
カンペキという字は・・・
 今朝の新聞のコラムを読んでいたら、とんでもないことが発覚してしまいました。

 プロ野球80周年事業とやらで、ボールを投げて遊ぶ壁「ベース・ウォール」を寄贈するという話の中で、
に似た字で完璧のという字がある・・・」と書かれていました。

 「えっ、違うの? 壁じゃないの? 完壁だと思ってたんですけど・・・」

 エーッ!そうだったんだ〜! 知らなかった。おはずかしい。

 みなさんは知ってました?
 あら、知ってましたか。エッ、常識なの?

 やっぱり大学へ行っておけば良かったかなあ。
 これってたぶん大学で教わる字ですよね。(笑)

 日常的にパソコンで文字を書く時代なんで、かんぺきと入力して変換したら完璧と出てくるから大丈夫なんですけどね。と言い訳してみても虚しいばかり・・・


2014/04/19
街路樹伐採の謎
 いつもの散歩コースの途中、環状2号線に出ると、なんだか景色に違和感がありました。なんかスッキリし過ぎ・・・。

 ああそうだ、街路樹(プラタナスだったような気がする)が無い。

 近寄ってみると根元からバッサリ切り取られています。

 これが1本だけなら、枯れたり、病気だったりということも考えられるんですが、300mくらいの間にある全ての木が切られています。

 別の樹木に植え替えるなかな?
 それなら切り口をきれいに面取りまでするこたあないよねえ・・・。

 うーん、どうなるんだろう?


【追伸】膝痛は4月4日の状態(踏み抜き事件前)くらいまでは回復しました。まだ和式トイレはNGですが。(笑)


2014/04/09
「増税値上げトリックに注意」だそうで・・・
 大手スーパーが、こういうことやるかねえ。
 注意ったって、注意のしようがありませんが・・・。


2014/04/08
三溪園
 朝は肌寒いくらいだったのに、だんだん暖かくなって、まさに春の陽気。
 もったいないのでカミさんと本牧の三溪園へ行ってきました。

 三溪園なんてもう何十年ぶり、たぶん小学生のころ以来です。まだ沿岸の埋め立てが行われておらず三溪園が海岸に面していたころのことです。今でもその名残の海岸門なんて門があります。そうそう、ここで潮干狩りをした記憶があります。
←ここじゃないですよ〜。ここはただの池ですから。(笑)
 中途半端な時間に思いつきで出かけて来たので、昼食を食べていません。近くにはコンビニも見当たらないし、そのまま入園。 売店くらいあるだろうと思ったんですが・・・。
 しかたがないので庭園内の茶屋でだんごを食べました。値段が高いです。スーパーなら、この1本の値段で※3〜4本買えそうです。まあ観光地ですからね。美味しかったし、後悔はしていません。絶対にしていませんから。(笑)

 ※スーパーでの後日調査により5〜6本に訂正します。(笑)


2014/04/05
プチ・スノーブリッジで痛い目に遭ったのは私です
 小宮さんのお誘いに釣られて、今年初めての山サイに出かけました。まだ右ヒザが完治していない(深く曲げると激痛)のですが、距離も短いし、まあいっか。
 膝痛やら天候やら、何かとトレーニングをサボる口実に不自由しない今日このごろであります。そんなわけでだいぶ体が鈍(なま)ってしまっているので、さて、どうなりますか・・・。

 もう春だし低山は寒くないだろうと油断してました。お湯を沸かす道具もおいて来ました。靴もショートカットでアッパーがメッシュの涼しいやつです。

 ところが・・・・・沢筋には雪がありました。冷たい強風が吹いてます・・・。

 登山道は何回も渡渉をくりかえして続いています。雪に埋まっているように見えても雪の下には水が流れています。そうスノーブリッジです。所どころに穴ができているので「小宮さんが落ちなかったら行こうかな」なんて冗談を言っていたんですが、小宮さんは何事もなく対岸へ到着。
 あ、全然大丈夫ですねえ。私の方が軽いし・・・・・・。突然、足元の抵抗がゼロになって片足が完全にスノーブリッジを踏み抜きました。しかも左足。ということは・・・曲げると痛い右足が容赦なく強制屈曲! 激痛がはしり「きょうは歩いて帰れないかも・・」とさえ思いましたよ、ほんと。
 痛がりながら踏み抜いた穴をのぞいてみると、1mくらい下を水が流れています。雪の天井の厚さはほんのわずか、痛いからと言っていつまでもここで寝ているわけにはいきません。
 ところが無理して立ち上がろうとすると、また別の場所を踏み抜いてしまいました。この調子だと体ごと落下するのは時間の問題かも。自転車を小宮さんに引き上げてもらい、近くにあった倒木にぶら下がるようにしてなんとか立ち上がり、できるだけ体重をかけないようにしてやっとの思いで対岸へ渡りきりました。水の中に落ちなくてよかった。
 幸い痛みはだんだん治まってきました。大げさに騒いでスミマセン。
 「荒療治が幸いして逆に治ってしまうかもね」なんて呑気なことを言えるほどだったんですが・・・・、家に帰ってみたら、やっぱり治ってませんでした。そりゃそうだ。
【追記4/6】朝起きたら右膝、少し腫れてました。曲げてみたら90度くらいでもう痛い・・・。やっぱり悪化してました。あーあ。1ヶ月くらい前まで後退です。


↓前   過去の雑文INDEXへ