↑次   過去の雑文INDEXへ

2015/04/28
半世紀を経て・・・
 高校時代(あるいは卒業直後)にクラスメイトの吉岡、山崎と三人で、丹沢の塔ノ岳へ登りました。
 コースはヤビツ峠から表尾根を登って塔ノ岳尊仏山荘泊。翌日玄倉林道へ下ってユーシンロッジ泊。3日目に雨山峠から鍋割山に登り大倉へ下りました。
 あの時から47年・・・。3年前にクラス会で再会した吉岡と、当時と同じルートで塔ノ岳を目指しました。きょうは日帰りなので塔ノ岳から大倉尾根を下って終了ですけど・・・。
 およそ半世紀という空白の時間を思うと感慨深いものがあります。当時の記憶は曖昧で断片的にしか覚えていません。それでも、尊仏山荘の土間で自炊したことや、ユーシンロッジの管理人さんに「雨山峠へ登るルートは荒れていて勧められない」「でも、あんた等なら行けるだろう」と言われてちょっと誇らしく思ったことなどを思い出しました。

 きょうは初夏の陽気で、塔ノ岳山頂の温度計はなんと25℃を指していました。多目に持って行ったはずの水がもうギリギリ。下山してバスターミナルで吉岡と飲んだビールの美味かったことといったらありません。


2015/04/26
上州地酒祭り
 今年も行ってきました「上州地酒祭り
 もともとは上州の廃道化した山道を訪ねるあんまり乗れない山サイを楽しんで(笑)、ひなびた宿に泊まり「なかなか良い藪でしたなあ」などと語りつつ持ち寄った酒を飲むイベントだったんですが・・・。
 4年前から「東吾妻むかし道MTBライド」というイベントのためのコース整備になりました。
 いずれにしても「夜の大宴会」というところは同じです。
 現地はまだ桜が満開でした。天気も良く日なたでは汗ばむような陽気ですが、木陰に入るとヒンヤリするという今は一番良い季節ですね。
 4年目ともなると、手ノコで太い倒木を切るのも手慣れたものです。倒木や落枝がたちまち片付けられ極上のMTBコースが出来上がって行きます。大勢の力はスゴイ。
 
 ちなみに東吾妻むかし道MTBライド2015は、2015年10月18日(日)に開催決定です。定員130名、コース全長50kmオーバー、とグレードアップしているそうです。みなさん是非ご参加を・・・。
エントリーは6月1日からsportsentryで受付けます。


2015/04/12
ようやく晴れの日に当たりましたナ(笑)
 4月になって、どうも雨の日が多いですねえ。
 この季節の雨は、たぶん植物のみなさんには大切なものなんでしょう。明るい緑色の葉が活き活きと輝いて見えます。
 しかーし。われわれにとっては、せっかくの山サイ山歩きカヤックの計画が、ことごとく中止に追い込まれております。これは困る。(笑)

 そんな中で、きょうは、MTBクラブツーリングだったんですが・・・晴れました。嬉しいですねえ。
 この季節、低山と言えども日なたは暑いくらいですが日陰はまだちょっと肌寒い。ま、平均するとちょうどいい気候かな。
 お昼は温かいものが良いと思ってカップ麺にしたんですが、送電鉄塔下の日当たりの良い場所だったんで、ちょっとありがたみが・・・。
 最後はお花見。横浜あたりではもうすっかり葉桜になっていますが、こっちは少し気温が低いせいか、ちょうど満開。ちょっと散り始めでハラハラと散る様が風情がありますね。

 スタート時間が早かったのと少人数だったせいで、午後1時には駐車場に戻って来ました。このコースでこんな時間は初めてです。おかげで統一地方選挙の投票に余裕で間に合いました。なーんか気の乗らない選挙ですけどね。


2015/04/04
花びらの道
 昨日の強風で、桜がいっきに散りましたね。
 そういえば何十年も前に「散る時期にならないと強風くらいで桜は散りません」とお天気の森田さんが言ってましたから、ちょうど散る時期だったのかも・・・。

 きょうも早朝から黒い雲が低くたれこめて、いつ降ってもおかしくない空模様でした。
 うす暗い中に、桜の花の白(暗いと淡いピンクは白く見える)が蛍光のように浮き上がって見えます。

 遠目には薄っすらと雪が降ったみたいで美しい。昼間じゃこうはいきません。「早起きは三文の得」です。まあ三文程度の得ではありますが。(笑)



2015/04/03
弾丸装填

 きょうはまた大工さんのお手伝い。

 曇り空ですが気温は高め。室内作業だとちょっと暑いくらいですが、外で、お茶タイムにはちょうど良い気候ですね。風が強いんで外側で足場に乗って作業している左官屋さんは大変かも。

←こんな飛び(?)道具も使います。機関銃みたいでしょ。本物に実弾を装填して人間を撃たなくてはならないような世の中に逆戻りしないと良いですね。




↓前   過去の雑文INDEXへ