↑次   過去の雑文INDEXへ

2017/01/31
山サイ 高指山 不老山

 1月の最後の日、気温は下がったけど天候が穏やかそうなので、まだ行ったことが無かった「高指山〜不老山」へ行ってみました。

 権現山の尾根を下るときと同じオンロードの登りです。峠を登山道が横切っていて、右が権現山、左が高指山、不老山。

 不老山までは、短いけど急なアップダウンの繰り返し、上手い人は楽しめるかも・・・。私で50%くらいか・・・。

 不老山山頂からは談合坂SAが正面に見えます。その向こうの山並みは朝日岳、赤鞍ヶ岳あたりか、さらに遠く丹沢の山々も・・・。暖かい陽射しの下、おにぎりを食べながらすばらしい景色を楽しみました。
 
 不老山から先はいきなり崖みたいな下りで、この先が案じられましたが、すぐに私でも乗れるくらいの道になりました。S字の連続もあって結構楽しめました。
 
 山頂に10時ごろ到着と早かったせいか、全く人に出会いませんでした。山頂も独占ですゼ。(笑)



2017/01/30
久しぶりに「折々のことば」


 探していたものは、前からずっとここにあったのではないか。

 今朝これを見たとき、すぐに思い浮かべたのは
 大和ハウスのCM 「故郷」

 「逃げ出したかった場所こそが、僕の楽園であった。」なんて・・・。
 泣かせますねえ。


 つながりがあるのかもね。








2017/01/22
山サイ 金毘羅尾根

 久しぶりに吉田さんにさそっていただき4名で定番の金毘羅尾根を下ってきました。

 快晴に恵まれ最高の山サイ日和でしたが・・・寒い・・・登りでもなかなか体が温まりません。指先が痛い・・・。

 それでも風が無いので陽が当たっている場所に出ると暖かく、太陽のありがたさが身にしみます。


 普段でも我々には歯が立たない根っこが絡み合った急坂下りの場所。雪のせいで更に困難に・・・。

 フルサスバイクを以てしても半分も乗れませんでした。
 こういうところを軽々下れたら楽しいんだろうなあ・・・。



 ずーっと雪があったら嫌だなあと思ったんですが、雪があったのはここまで・・・。

 霜融けのグチャグチャも無く、乾燥した路面は木の根に躊躇なくタイヤを乗せられるので安心。
 針葉樹林を抜けると気持ちの良い冬の陽射しが心地よい。
 冬は寒くて嫌なんですが、低山では藪がなくなり落葉(らくよう)で明るくなるという良さがあります。刺す虫が居ないのもありがたい。

 朝早くスタートしたので、お昼は下山して蕎麦屋さんで・・・。最近そんなのばっかりですが、みなさん蕎麦が好きだもんでね。



2017/01/17
高校時代の仲間と新年会

 5年前から復活した高校時代のクラスメイトとの交流。2〜3ヶ月に1回くらいのペースで飲み会に呼んでもらってます。(一部ではもっと頻繁のようですが・・・)
 私の貧乏を察してほどほどに声をかけてくれる・・・らしい。(笑)

 最初のうちはその都度ここに書いていましたが・・・。会を重ねるうちに「あたりまえのこと」になってきてニュース性が失われたこともあり最近では特に載せることがありませんでした。2ヶ月ぶりに会っても昨日も会ったような気がする。それくらい日常的になった彼らとの付き合いです。

 で、「最近更新してないじゃないか!」と怒られました。
 だもんで慌てて更新です。(笑)

 ジジイの集まりなんで毎回同じ話題ですが、みんな忘れてしまうので毎回同じでも大丈夫。「それ何度も聞いたよ」なんていう苦情も出ません。歳をとるとそんな利点も・・・。(笑)



2017/01/01
明けましておめでとうございます


 本年もよろしくお願いします。

 なんとか楽しく過ごせるようにがんばります。

 今年も、早朝初詣。
 ほとんど人が居ません。(数人程度)

 この町に引っ越してきた60年前は、一番混んでいる時間で『こんなもん』でした。
 完全に農村地帯でしたから・・・。それが今はギッシリ住宅が並んで・・・。
 神社の企業努力もあって、初詣も長蛇の列です。

 ま、人がおおぜい住んでいる事は悪い事じゃありません。日々の買い物とか病院とか、いろんな面でそのほうが暮らしやすい環境ができますから・・・。

 そういう事を考えるのは歳をとったということでしょう。



↓前   過去の雑文INDEXへ